読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日坊主のやりたがり

あれもしたい、これもしたい。自分から半径3m以内のあたりに興味が集中しています。

手帳会議【その2】~バレットジャーナルやってみる?

 前回は今の手帳の使い方を振り返りをしつつ、現状への不満的なものを書きだしてみました。

k-hidaka.hatenadiary.com

 

  • 出来れば毎日継続したいことができたかどうかの記録
  • フードログ
  • 体重・体脂肪などのログを含む体調管理
  • 長期(1か月以上)のやりたいことリスト

この4点の記録スペースをなんとか作りたい…

そこで候補に挙がった案が、

でした。

LOFT行ってきた

ひとまず、悩んだら実物を見よう!

ということで、直近の一日フリーの日を使ってわっせわっせとLOFTまで行ってきました。

ふらっと行ける範囲の手帳取扱店舗だと、良くある書店の店頭程度しか品ぞろえがないところばかりなので、何種類も見比べようと思ったら結局相当な移動距離になって今うのです。

 

確認したかったのは、まずほぼ日手帳カズンのサイズ感。

昨年に今の手帳を買いに同じLOFTへやってきたとき以来ですから、webでA5サイズであるとかオリジナルと違ってウィークリーがあるだとかの情報は持っていても、実物がどんなのなのか忘れてます。

www.1101.com

見るのに夢中だったので写真も何もないんですが、手帳コーナーの一番目立つところに、ほぼ日手帳がどーんとスペースをとっていました。レジ近くだし、年に数回これたらいいほうの地方民も探し回って迷わないのでありがたい…

さっそく、カズン(カラーズ ブラック×ピスタチオ)を手にとってみ…でかいな。

めっちゃでかいな????

本体だけも実際に手に取ってみました。A5サイズノートと同じサイズ感で特別大きいとは感じません。普段、雑記用のノートがA5サイズなので、むしろしっかり書きこめそうな安心感のある見慣れたサイズです。

しかし、カバーがつくと思った以上に大きいし、存在感があります。

ジッパーズなんて、完全にバッグインバッグにしか見えない。見えないというか、多分バッグインバッグの機能も兼ね備えられると思う。

 

リフィルの内容は、オリジナルと方眼の大きさも一緒で、ウィークリーをはじめとした追加要素とその大きさだからこその余白。書くことを選び出してギュッと詰め込むオリジナルのちょっと小さいかなくらいも好きなんですが、思いっきり書けて楽しそう。

それと実物を見て気が付いたんですが、デイリーのページの時間軸の長さも一緒なんですね。

勝手に時間軸もページサイズに合わせて長くなっていると思い込んでいたんですが、オリジナルと同じ長さの時間軸で下に余白があるようになっていました。

すごく使ってみたい。これはカズンにチェンジか?

とも思ったんですが、自分にとって手帳は「持ち歩くもの」。

夜中にちょこっとコンビニとか以外は、いつでも財布・スマホ・手帳の三点セットを持ち歩くんです。

そのことを考えると、カズンの特徴である「大きさ」で保留せざるを得ませんでした。

 

他の手帳も見て回りましたが、2冊目にしたいと思えるものは見つからず。

その日は結局、インク切れを起こしていたボールペンの替え芯だけ帰宅。

寄り道のスタバの方がお金使った。

 

ないなら自給自足

帰りのバスに揺られながら、ふと「ないなら作るか?」と思い立つ。

なんか、そんな手帳術があったような…調べる、それらしい言葉でググる

そう、それ。バレットジャーナル!あー思い出せたすっきりした。

説明するまでもないとは思いますが、バレットジャーナルとは好きなノートに好きなフォーマットで自分で作る手帳です。こちらの記事がすごくわかりやすいです。

muyatan.hatenablog.com

思い立ったらやってみようということで、その辺の適当なノートを用意しました。

f:id:kou-hidaka0811:20161008174328j:plain

ほんとその辺にあったやつ。

方眼が良かったけども、ぱたんと開いてくれてすとれるなくかけるものがなかったので、間をとってドット入り罫線のCampusノートです。A5サイズ、B罫。

これから年末までのどこか手帳会議が終わるまでの間の、お試し期間用のノートなので、あんまりページ数は気にせず。最大で、10~12月やれればいいわけなので。

それにあくまでもメインはほぼ日手帳。そもそも補助役割を求めて作るので、そんなに内容は多くなりません。

INDEXも要らないかなーと思ったのですが、初めてなので一応最初3ページくらいをINDEX用にあけておいて、中身を書きこんでみました。

 

出来れば毎日継続したいことができたかどうかの記録として、トラッカー。

f:id:kou-hidaka0811:20161008174955j:plain

やったら、項目と日付の交わるますを塗りつぶしていきます。

余ったスペースはメモ欄に。一か月終わったところで振り返るスペースにしてもいいかもしれません。


フードログ

f:id:kou-hidaka0811:20161008175604j:plain

縦に一本線を引いて、簡単なテンプレートを決めました。


体重・体脂肪などのログを含む体調管理、と思っていたけど体重のみのグラフ。

f:id:kou-hidaka0811:20161008175736j:plain

横軸が日付、縦軸が体重です。ちょうど一か月おさまりました。

体脂肪などはフードログの一言メモ欄などで管理することに。


長期(1か月以上)のやりたいことリストは特にページを作らず、思いついたらノートのうしろからどんどん書いていくことにしました。この時点で本当にINDEXの必要性がなくなる…

 

あまりにも書くことが少ないので、バレットジャーナルと言っていいのか不安にもなりますが、少なくともやってみようというきっかけにはなってるのでバレットジャーナルと言うことで。

 

作ってみた時点での雑感

お手本にしたくなるようなフォーマットは、ちょっと調べればすぐにゴロゴロ出てきますし、まっさらなノートに1から自分で作る殿は思ったほど大変ではなさそうです。

今回はお試し期間であって丸々1年やるわけじゃないからとひとまず1か月分しかページを作らなかったのですが、もし本当に来年から採用した時もそんな感じで月初め(または前の月の終わり)に次に使う1か月分を作るという形でもいいのかな?意気込んで1年分作るより、その方が始めるハードルが低そう。

好きなノートで必要なページを必要な分だけ作るので、自分にこのリフィルが合うのか合わないのか…ということを悩まないでいいのもストレスフリーですね。

しかし、雑記や殴り書きのメモ以外が別冊の持ち歩きとしておるというのは、既にちょっと落ち着かないです。(実は10月1日からお試し開始してます)

 

ただ、既製品の手帳だとこれ!というものがなかったので、バレットジャーナルと合わせた二冊持ちか、カズン1冊かということにはなりそう…

書いてる内容的に、バレットジャーナルは基本家置きでもいいわけですし。

 

 

ひとまず、1か月ちょっとやってみます。

手帳会議続行ですね、これ。笑