読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日坊主のやりたがり

あれもしたい、これもしたい。自分から半径3m以内のあたりに興味が集中しています。

声優さんってすげぇなあああと思った話

今年も残すところ5週間を切りましたね。

来週には「今年も残り一週間を切った」とか書いてそう。笑

そろそろ卒論がやばいのですが、そのことばかり考えていても滅入るばかりなので、息抜きにちょっとほああああと最近思ったことをつらつらと書いてみたいと思います。

 

 

ひとつ前のの鬱々としたエントリで「ドラマは見ないタイプの人間」と言うことをちらと書いたんですが、アニメはみます。

毎期新作をチェックして見るのではなく、基本的に小説や漫画で好きな作品がアニメ化した時に見るタイプで、さらにひとり暮らしを始めた時に必要性を感じずTVを買わなかったのとで、「ドラえもん」や「サザエさん」すらからも離れていたのですが、ここ最近立て続けにリアルタイムで追いかけている作品がある。

あら、我ながら珍しい。

それでもTVを使わないのがちょっと悲しいところなんですがね…(地上波が入らない地域なので、WEB配信さまさま)

 

今個人的に熱いアニメ

今まさに追いかけているのが「DRIFTERS」です。原作はヒラコーこと平野耕太先生の「ドリフターズ」。

www.nbcuni.co.jp

もともとタイトルと、主人公(の一人?)が島津豊久という少々マニアックなチョイスであることは知っていたのですが、気になるなあと思ったまま買わず。

しかし少し前に何の気なしに書店で手に取ってみた時、「買わねば」と思ってその場で既刊全5巻を購入。

読了後やばいぞこりゃ面白いよ!!!!と騒いでいたら、今アニメやってるよと教えていただき、素晴らしいタイミングでアニメの1~5話一挙放送があったのでそこから視聴開始。まんまとはまりました。毎週金曜深夜が楽しみ。原作も超楽しみ。

 

 

その前に追いかけていて、現在放送は終了したのが「おそ松さん」。放送終了したのに、公式が全力で売るのをやめないことに定評がありますね。

osomatsusan.com

原作⇒アニメの流れをたどるのが個人的なアニメ視聴への基本ルートであったため、全然見る気はありませんでした。

が、あまりにもひどい()第1話の話題が嫌でも目に入ってくる。

2話配信前、第1話もまだ配信されていたころだったのでそんなにひどいならちょっと見てみようか、と好奇心に負けたのが全ての始まり(終わり?)でした。

DVDは結局全部そろえてしまいました。箱推しで、長男と五男ひいき気味。

 

それから、リアルタイムと言っていいのかちょっと微妙なのですが、もう一作品追いかけているのが「宇宙戦艦ヤマトシリーズ」。

宇宙戦艦ヤマト2199」を随分前におすすめされていたことを、ふらりとよったTSUTAYAで思い出し、せっかく思い出したから見てみるかと借りたらもうやばかった。そのままの勢いで(しかし数クール分見る時間はなかったので)「さらヤマ」と「完全版」まで見ました。

年明けに新作「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の公開を控えていますが、劇場には行けない可能性が非常に高いのが残念、でも楽しみ…!!

宇宙戦艦ヤマト2199 Blu-ray BOX 特装限定版」は予約しました。

 

小野大輔さんの声をよく聞くな…?

声優クラスタを名乗るほどではないのですが、それなりにアニメを見る人間なので一応CVは一通りチェックするし、好きなキャラクターの声優さんは覚えます。それと有名どころは知ってるくらい。

で、上記作品も例にもれずCVは確認していました。そして、ふと気づく。

全部小野Dいるね…??

全部小野Dこと小野大輔さんが演じられています。

ほお、何たる偶然てかすごいな?!?!?!?!

 

改めて思う、キャラのふり幅やばい

上記作品をご覧になっている方はわかると思うのですが、まず作品の系統が全部違う。

以下超雑な説明。

「DRIFTERS」は結構グロいしえげつないこともやる異世界もので実在の人物が出てくるがファンタジー要素がかなり強い。

おそ松さん」は現代版赤塚作品。もちろんギャグアニメで赤塚作品なので、かなりシュールだしやりたい放題。絵柄はゆるいが、ギャグは緩くない。

宇宙戦艦ヤマト」は世界を救う系SFで「男のロマン」。

 

そして担当キャラクターの系統も全部違う。

ブッチ・キャシディは史実の通りアメリカのアウトロー、強盗団「ワイルドバンチ」の一人で笑いながら銃をぶっ放す。

松野十四松は「おそ松くん」と「おそ松さん」の間にきっと何かがあったんでしょう。なんかもうそもそも人間なのかなんなのか兄弟ですら不安になる。公式にも「なんかよくわからない。」と言われる。

古代進はリメイクで熱血度合いは落ち着いたようですが、硬派で真っ直ぐな男と言うのは変わらない。使命感に燃えてて一生懸命で、でも時たま弱さも垣間見える。素直にかっこいい。確実にこの3キャラクターの中では一番「まとも」。

 

これ、全部同じ人が演じてるのか……

 

十四松一人でさえ、かなりふり幅があるので(8頭身のイケメンプリンスになったりするし)その時点でやっぱ声優さんすげえなと思ってたんですが、立て続けに同じ声優さんが出るアニメをじっくり追いかけてみて改めて思いました。

やばい、まじでやばい。

 

ヤマトをリメイク⇒旧作の順番で見て

もう一つ同時期に感じた声優さんすごいなエピソード。

宇宙戦艦ヤマト2199」をレンタルしようとした時点で、ヤマトシリーズについて持っていた知識がこんなもんでした。

  • なんか地球がやばい
  • 戦艦大和を改造(?)した宇宙戦艦ヤマトでめっちゃ遠い星に地球救うために必要なものをもらいに行く
  • 沖田艦長と古代ナントカが出てくる
  • 艦長のラストシーンはアニメ系特番の名場面集でよく見る
  • 主題歌超かっこいい

 旧CVもまともに聞いたことがあるのが、特番などでよく聞く沖田艦長のラストシーンくらい。

なので、自分にとってベースとなるヤマトは最初にちゃんと見たリメイク版の方「宇宙戦艦ヤマト2199」になるわけです。

旧版とリメイク版では作画はもちろん声優陣も違います。

声優さんが変わるのって、すごく不安になるんですよね…その作品世界の中でキャラクターが別人になるわけではないのだけれど、それはわかっているのだけれど違う人に見えてしまわないだろうかという。正直なところ、「さらヤマ」「完結編」を見るときにその不安がありました。

 

けど、観れちゃったんですよね。

再生開始の第一印象が「昔のアニメだなあ」だったのは否定しませんが、ヤマトが発進するころにはもう何の違和感もなく見入っていました。

主なところを挙げればリメイク版では沖田艦長は菅生さんで古代は小野さん、旧版では沖田艦長は納谷さんで古代は富山さん。知識としても先に知っていたし声が違うのもわかるんだけど、違和感が!!なかった!!!

旧版に対して「違和感がなかった」と表現するのは順序がおかしいというのは承知なのですが、でもこれってすごいことですよね。

リメイク版のキャスト陣が旧版をしっかり研究して演じているからこそですよね。

キャラクターのふり幅ですごいなと思ったのが「演じ分けのすごさ」なら、これは「演じ分けない(踏襲する)すごさ」でしょうか。

でも旧CVを真似してると感じるわけではないんですよ…今風のアニメキャラクターで、でも「ああ、ずっと古代進古代進なんだな」と思うんですよ…

んんんんん、とにかくすごいんです!!語彙力がないからやばいとかすごいとかしか言えないけど、すごいんです!!

 

感謝しかない

あくまでもそのキャラクターはそのキャラクターとして生きている、という考え方でアニメ作品を今まで見てきたのですが、連続して小野大輔さんの出演作品を見て改めて声優さんのすごさや「声を吹き込む」「息を吹き込む」と言うことの大事さを思い知りました。

声優さん、アニメスタッフさんに「彼らを動かしてくれてありがとう」の感謝は今までもありましたが、改めて「すげえやべえ」と語彙力吸い取られるレベルで感動させられ、今までの感謝じゃ全然足りなかったんではなかろうかと思う現在です。

見返すときに、声優さんに注目しつつどういう思いで演じられているのだろうか…とか考えながら見るのも楽しそうですね。

声優沼の深さを垣間見ました。